MENU

キャピキシルの最大の特徴はミノキシジルの約3倍の育毛効果

薄毛の悩みを持つ方であれば、AGAの治療薬として使われる事が多い、
ミノキシジルやプロペシアに関してはご存知の方も多いでしょうが、
最近育毛業界の中で大きな注目を集めているのが「キャピキシル」と呼ばれる成分です。

 

このキャピキシルはアカツメクサ花エキスやアセチルテトラペプチド3などを主とした、
複数の成分によって構成されている成分であり、
カナダの化粧品メーカーが開発した化粧品の原料成分です。

 

アカツメクサ花エキスはAGAや抜け毛を引き起こす原因の一つである
酵素を抑制する働きがありますし、
アセチルテトラペプチド3は細胞外マトリックスを修復する作用が非常に強いので衰退した毛母細胞を復活させる働きが期待できます。

 

これらの特徴があるためにキャピキシルはミノキシジルの約三倍もの育毛・発毛効果があると言われています。

 

 

またミノキシジルが頭皮にかゆみを引き起こすなど皮膚トラブルの副作用の報告がされていますが、
キャピキシルはペプチドやイソフラボンの一種の成分であるために、そういった副作用が起こる心配はないと言われています。

 

そのため抜け毛の原因を抑えるプロペシアの作用であったり、
発毛効果が実証されているミノキシジルの約3倍の育毛パワーが得られる安全性の高い成分である事から
、現在最新の育毛剤など様々な関連商品に使われているのです。

 

 

キャピキシルが育毛効果を発揮するプロセスについて

 

 

現在その育毛パワーから最新の育毛剤などに配合されている事が多く、
ミノキシジルやプロペシアと違って副作用もなく安全性が高い特徴を持つ事から話題ですが、
具体的にどのようにキャピキシルが毛根に作用するのかが知りたい方も多いかもしれません。

 

 

ミノキシジルの場合は毛根に運ばれる血液の毛細血管拡張作用であったり、
毛母細胞の働きを活発にさせる働きがあるために発毛作用があるのですが、
キャピキシルの場合は脱毛を引き起こすホルモンの作用によって毛母細胞が死滅するのを防ぐのと合わせて、
衰退した毛母細胞を復活させる作用があるので、結果的にミノキシジルの約3倍の育毛効果が期待できるという事なのです。

 

この育毛パワーの比べ方についてはミノキシジルは単体での比較になるので、
ミノキシジルとプロペシアの併用による場合は少し異なる結果が見えてくる事もあるかもしれません。

 

ただいずれにしてもキャピキシルの脱毛の抑制と育毛に作用する効果が優れているのは明らかですし、
安全性の面でも副作用の報告がされていないので安心して使えるという点でも優れています。

 

ですから、薄毛でお悩みの方で高い発毛作用と安全性の両方を求める方であれば、
キャピキシルが主成分として配合されたものを選ぶようにするのが良いかもしれません。

 

キャピキシル配合育毛剤最新版おすすめランキング!